Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

本日もご覧頂きまして、誠にありがとうごございます。

プロフィール

名前  吉田 尚弘(たかひろ)
RYAN PRESS所属



出身地   愛知県
誕生日   平成3年7月17日

職業
ドキュメンタリーカメラマン






【略歴】
16歳ではじめた海外放浪経験が、写真活動の基盤。
スクールフォトや家族ドキュメンタリー撮影で物語を表現するほか
スラム街や戦場の最前線まで撮影経験がある。
ライフワークでもあるスラム街では放浪時代より訪れており、
「現場のリアルな生活」をテーマに取材。
地元の大手新聞社である中日新聞では、2017年までに15回以
講演活動では開始より3年間で延べ8000人に現地での経験談を
協力書籍には「アジア旅行最強ナビ(辰巳出版)」などがある。


●海外撮影に関する主な活動
_海外放浪後は高校生ながらNGOの契約カメラマンを担当。
_20歳の時には朝日新聞出版で高い人気を誇る全国紙、
「ジュニアエラ」にて4ページにわたりインドネシアのスラム街ル
_21歳の時には偶然訪れた縁をきっかけに、内戦中のシリアに渡
現地では自由シリア軍の従軍、戦場最前線で人生初の気絶を経験。
_24歳の時にはイラクの北部で、対ISの作戦を行う正規軍の兵
寝食を共にしながら4 箇所の最前線を取材。




●契約エージェンシー
2018年ー SOPA Images(香港)


=特派員経験=
オルタナS



苦悩の日々から世界へ 


 私は16歳の時から休みを使ってひとりで東南アジアを横断した
当時は、その年齢でバックパッカーをしていることに現地で出会う
毎回驚かれるのが通例だった。


その経験だけを見れば、何か特殊な特技があったのだろう。才能が
と勘違いをしてしまいそうだが、実際は違う。


私は一般的な家庭で長男として生まれた普通の少年だ。
そして、特別これといって人よりも優っている点は無く、どれをと
平均点以下というなんとも微妙な立ち位置である。


高校へ進学した私は不安という感情が私を襲い、
それらが私から離れて行くことは無くなった。
そして、“普通“”当たり前”の日常生活すら送れなくなってしま
病院では診断名が下され、薬を処方された。


目標すら無い私は、
このままでは本当に何も無い人間になってしまう。
そんな事を考えた私は、何も考えずに海外に旅に出ることにしたの
旅に出ることで、私は何か変われるような期待を抱いたからだ。



こうした背景があったからこそ、私は16歳という社会も知らない
だった私が、何も迷うこと無く海外に足を踏み入れることができた


帰国後の私は、「戦場カメラマン」という職業を知り、
カメラマンを志す。



弱みが、写真家としての強みになった

 カメラマンとして重要な能力とはなんだろう。
そんな事を撮影を通して日々考えている。そこでひとつキーワード
被写体の「本質」を写真に収めることであると思っている。


スラム街は危険な場所であるが、私はいつも現地の人々に守られな
続けている。現地の人に私の印象を伺うと、
「スラム街の住人だと思った。旅行者のオーラはない。同じオーラ
まったくもって警戒する理由がない」
と言われることがある。
「食べ物が無いからここに来たと思った」
と言われ、食べものを恵んでいただいたこともある。


なぜそのようなことが起こったのだろうか。
それは私のひ弱な見た目が影響しているのだろうか。脳天気に散歩
もしかしたら、現地の人々が送る日常生活と私が送る生活の
類似している点が多いからでは無いか、と気がつく。



スラム街の住人は、日々一日を乗り越えれるかどうかという問題に
ある人は家が壊され、またある人はスラム街の住人というだけで差
実際に、スラム街には精神疾患や外的な障害を抱えた人物も多く、
ていたと言えるかもしれない。


だからこそ、なんの障害もなくスラム街の住人に受け入れられ、
他の人には見せない部分を見せてくれているのかもしれない。


そして、その環境を用意できることが写真家として大きな武器であ
ことに気がついた。
「外部からただ撮影をする」ではなく、「彼らと同じ当事者として
これは努力すれば誰にでも出来ることではなく、まさに同じ環境が
私にしか出来ない最大の武器だ。


そうすることで、彼らは私に本音で会話をしてくれる。
本音の会話、人間としての関係は本質を引き出すことに最も重要な


私が伝えたいことは、「メディア用の用意された答え」ではなく、
「人として認めれてた時に話してくれる本音の言葉」
その言葉を少しでも拾うために、現地に通い続け、
彼らの想いを伝えていくということをしている。


それからは与えられた特殊能力を活かし、NGOのカメラマンとし
そしてフリーランスの写真家として現在に至る。


そもそもなぜ、スラム街なのか。


その理由は、16歳の放浪でバックパッカーをしていたとき、
必ず立ち寄っていたのが地元の人のみが知るスラムだった。


「私はスラム街に呼ばれて行った」のだ。




私は自分が若くして習得した現場で活かせる能力を活かし、
今後もひとりでも多くの人の為になる様に、取材をしたい。

平成生まれの写真家として、表現したいリアル


私にとっての報道写真家とは、日々のニュースを追って、自分しか
カメラマンという意味ではなく、「意図的に被写体のコントロール
ない。正確、率直さ、リアリティーの中で表現をする撮影者」だと


これらはドキュメンタリーカメラマンとも言えることができ、
私自身も写真でストーリーの語り手となり、リアリティーから被写
に心がけている。だからこそ、日々起こる身の回りの出来ごと。
例えば子供の誕生、学校生活、日常の家族とのふれあいなどの被写
ドキュメンタリーカメラマン(または写真家)、報道“系”写真家
これらは、国内での商業写真撮影時も同じだと思っている。


そして、こんな時もリアルにこだわりたいと思う時がある。


ライフワークとして撮影をしているスラム街での経験を講演会など
「スラム街の子供は目が光っている。貧しいけど幸せなのか?」
それとも、「環境が悪く不幸なのか?」と、2択で聞かれることが
また同時に「幸せなら支援は不要か?」それとも「環境が悪く不幸
と、これまた白と黒の二択で質問をされることがよくある。


スラム街を取材すれば幸せに過ごす人もいるし、そうではない人も
実際に環境が理由で命を落とす人がいるのも現状だ。
スラム街ならではの問題点も多い。


しかし、幸せとそうではない人々の両方ともが共存するのがスラム
それがリアルでもある。


私がこの活動を通して感じたことは、
「知らないからこそ、結論を極端に求めすぎてしまうことがある」
ということである。


現地に住む人々の生活の良い部分、そして負の部分の両方を知って
リアルな生活を知ることがとても重要であり、そして彼らの生活に
想うという行為をすることが、現場に住む人々の存在を身近にでき
できるのかの答えが見えてくるのではないだろうか。


そんな思いから、私は写真を通し彼らの生活をより身近に、そして
たい。スラム街をはじめに紛争地などに住む人々、少しでも彼らの
嬉しい。


そして彼らの生活を知ることは、私達日本人にとっても多くのこと
るという事実も忘れてはいけない。



誰もが幸せを握り締め人生を送れる社会になるよう、情報(写真)
皆様と創り上げていくことを心から願っています。




                      ドキュメンタリー
Powered by Flips