Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

本日もご覧頂きまして、誠にありがとうごございます。

プロフィール

名前  吉田 尚弘(たかひろ)


出身地 愛知県
誕生日 平成3年7月17日
職業  カメラマン



一般社団法人 なごやメディア研究会
メディア会員/Newdraメンバー

16歳ではじめた単身での海外放浪から貧困地域を訪問、写真の道
国内のスクールフォト、家族ドキュメンタリー撮影で「愛と物語」
海外ではスラム街や戦場最前線での撮影も経験。
ライフワークとして、現地の「リアルな生活」をテーマにスラム街
特にこどもたちの撮影が得意。
一人ひとりの生活そのものにフォーカスを当てた写真は、雑誌など
地元の大手新聞社である中日新聞で、2017年までに15回以上
講演活動では3年間で延べ6000人に現地での経験談を伝え、
協力書籍には「海外旅行最強ナビ(辰巳出版)」シリーズがある。


●これまでの歩み
_20歳 朝日新聞出版「ジュニアエラ」で4ページにわたり、
   インドネシアのスラム街ルポを寄稿
_21歳 内戦下のシリアを訪れ、
   自由シリア軍の従軍で人生初の戦場最前線を経験
_24歳 イラク北部で対ISの作戦を行う正規軍の兵士と
   寝食を共にしながら、4 カ所の最前線で取材
_26歳 国内で「日本の文化、生活」をテーマに取材を始める
   Microsoft、The Telegraph(イギリ
   5カ国以上の媒体で写真を掲載
_27歳 世界的に有名なBBC、CNN、イランの国営通信社な
   合計で15カ国以上の媒体に、国内の取材写真を提供、掲載


=契約エージェンシー=
2018年ー SOPA Images photo agenc
A Special Assistant: Reiji Ich

はじめての海外放浪 


私は16歳のときに休みを利用して、ひとりで東南アジアを横断し


その経験だけだと、何か特技があったのではないかとか、
よほど才能があったのだろうなどと勘違いをされてしまいそうです
実際はただただ普通の少年でした。


高校時代に不安という感情が私を襲い、
それらが私から離れて行くことはなくなりました。
そして、私は幼少期からの強迫症とうつ病と分かり
“普通、当たり前”の日常生活すら送れなくなってしまいました。


目標すらなくし、このままでは本当に何もない人間になってしまう
ある旅行記と出合いました。
そこで初めてバックパッカーという言葉を知り、海外への単身旅行
心を動かされました。そして、実際に海外へ旅立ちました。


何とか自分を変えようという思いが、迷うこともなく一歩を踏み出


旅では自らの足で国境を超え、さまざまな人と出会う。
といった経験の中で、帰国後に偶然、危険地帯を撮影する戦場カメ

知りました。私はその存在に大きな衝撃と刺激を受け、カメラマン

きっかけはスラム街


私がカメラマンという職業に惹かれた理由はいくつかありますが、
「海外放浪時から立ち寄っていたスラム街のことを知ってほしい」


当時の私は「海外に行く前にガイドブックを持たない」
「移動はすべて地元の人が利用するローカルな公共交通機関のみ」
というルールを決めました。


その結果、
方向もわからず歩き続け、行き着く先が偶然にもスラム街だったの
宿に戻って、地元の人に行った先の写真を見せると
「そこはスラム街だ」と言われ、初めて認識した場所もあります。


スラム街という場所は放浪前から漠然と知っていましたが、
実際の光景や人々の生活は、想像を大きく超えるものでした。


そのことを少しでも多くの人に知ってほしいと思った私は、
写真表現に魅力を感じて必死に写真を勉強。
素人ながらとにかく海外のスラム街に通い続けました。


徐々に海外で撮影した写真を日本の新聞などに掲載してもらえるよ
少しずつカメラマンに近づいた気がしました。


20歳のときには、私が憧れていた全国紙の企画でスラム街に住む
取材できることが決まりました。とても嬉しくて、何カ月も前から
のを思い出します。


そのときは、偶然訪れた幼稚園の一室に寝泊まりをしながら日々の
スクールフォトグラファーとしてのデビューでもありました。

こうした経験は、今でも私の撮影スタイルの土台となっています。

表現したい「生活」レベルの物語



旅人時代から、ちょっとしたことで体調を壊して、
いまでも取材中に入院送りになるのも慣れた“超デリケート”な私


スラム街では、現地の人々と同じものを食べては体調を壊す。
戦場では、緊張感が高ぶり過ぎて、現地に入る前から体調を壊す。
銃撃を受け、腕が裂けた人の手術に立ち会い、あまりのショックに


こんなエピソードは数え切れませんが、そのたびに現地の人々に助
ともに時間を過ごせてよかったと感謝します。

一緒に生活をすると、毎日のように新しい気づきを得られ、
生活の「リアル」を知らされます。


私があらためて感じるのは、
カメラマンとして「生活そのものと、そこに広がる物語」を表現す
相手のことを知り、想像する。これらは国内の記念写真撮影でも同


取材先の人々は何を着ているのか、どんなご飯を食べているのか、
恋愛事情は、流行は何か…そんな生活レベルの出来事をはじめ、現
知っていただきたい。


私の写真を通して、取材先の人々との意外な共通点を見つけてもら
思いを馳せるきっかけにしてもらったりすればとても嬉しいです。


国内の撮影でも、
身近な人に幸せや「今」を感じていただければ幸いです。


                              
Powered by Flips