Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

本日もご覧頂きまして、誠にありがとうごございます。

プロフィール

名前  吉田 尚弘(たかひろ)
RYAN PRESS所属



出身地   愛知県
誕生日   平成3年7月17日

職業
ドキュメンタリーカメラマン






【略歴】
16歳ではじめた単身での海外放浪時代から貧困地域を訪問、写真
国内のスクールフォト、家族ドキュメンタリー撮影では「愛と物語
海外ではスラム街や戦場最前線での撮影も経験。
ライフワークとして、現地の「リアル」な生活をテーマにスラム街
ひとりひとりの生活そものもにフォーカスを当てた写真は、雑誌な
地元の大手新聞社である中日新聞では、2017年までに15回以
講演活動では開始より3年間で延べ8000人に現地での経験談を
協力書籍には「アジア旅行最強ナビ(辰巳出版)」シリーズがある


●これまでの歩み
_20歳の時には朝日新聞出版「ジュニアエラ」にて4ページにわ
インドネシアのスラム街ルポを寄稿。
_21歳の時には突然訪れた縁をきっかけに内戦下のシリアを訪れ
自由シリア軍の従軍で人生初の戦場を経験。
_24歳の紛争取材では、イラク北部で対ISの作戦を行う正規軍
寝食を共にしながら、4 箇所の最前線で取材。


=契約エージェンシー=
2018年ー SOPA Images photo agenc
A Special Assistant: Reiji Ich


=特派員経験=
オルタナS



苦悩の日々から世界へ 


 私は16歳の時から休みを使ってひとりで東南アジアを横断した
当時は、その年齢でバックパッカーをしていることに現地で出会う
毎回驚かれるのが通例だった。


その経験だけを見れば、何か特殊な特技があったのだろう。才能が
と勘違いをしてしまいそうだが、実際は違う。


私は一般的な家庭で長男として生まれた普通の少年だ。
そして、特別これといって人よりも優っている点は無く、どれをと
平均点以下というなんとも微妙な立ち位置である。


高校へ進学した私は不安という感情が私を襲い、
それらが私から離れて行くことは無くなった。
そして、“普通“”当たり前”の日常生活すら送れなくなってしま
病院では診断名が下され、薬を処方された。


目標すら無い私は、
このままでは本当に何も無い人間になってしまう。
そんな事を考えた私は、何も考えずに海外に旅に出ることにしたの
旅に出ることで、私は何か変われるような期待を抱いたからだ。



こうした背景があったからこそ、私は16歳という社会も知らない
だった私が、何も迷うこと無く海外に足を踏み入れることができた


帰国後の私は、「戦場カメラマン」という職業を知り、
カメラマンを志す。



弱みが、写真家としての強みになった

 カメラマンとして重要な能力とはなんだろう。
そんな事を撮影を通して日々考えている。そこでひとつキーワード
被写体の「本質」を写真に収めることであると思っている。


スラム街は危険な場所であるが、私はいつも現地の人々に守られな
続けている。現地の人に私の印象を伺うと、
「スラム街の住人だと思った。旅行者のオーラはない。同じオーラ
まったくもって警戒する理由がない」
と言われることがある。
「食べ物が無いからここに来たと思った」
と言われ、食べものを恵んでいただいたこともある。


なぜそのようなことが起こったのだろうか。
それは私のひ弱な見た目が影響しているのだろうか。脳天気に散歩
もしかしたら、現地の人々が送る日常生活と私が送る生活の
類似している点が多いからでは無いか、と気がつく。



スラム街の住人は、日々一日を乗り越えれるかどうかという問題に
ある人は家が壊され、またある人はスラム街の住人というだけで差
実際に、スラム街には精神疾患や外的な障害を抱えた人物も多く、
ていたと言えるかもしれない。


だからこそ、なんの障害もなくスラム街の住人に受け入れられ、
他の人には見せない部分を見せてくれているのかもしれない。


そして、その環境を用意できることが写真家として大きな武器であ
ことに気がついた。
「外部からただ撮影をする」ではなく、「彼らと同じ当事者として
これは努力すれば誰にでも出来ることではなく、まさに同じ環境が
私にしか出来ない最大の武器だ。


そうすることで、彼らは私に本音で会話をしてくれる。
本音の会話、人間としての関係は本質を引き出すことに最も重要な


私が伝えたいことは、「メディア用の用意された答え」ではなく、
「人として認めれてた時に話してくれる本音の言葉」
その言葉を少しでも拾うために、現地に通い続け、
彼らの想いを伝えていくということをしている。


それからは与えられた特殊能力を活かし、NGOのカメラマンとし
そしてフリーランスの写真家として現在に至る。


そもそもなぜ、スラム街なのか。


その理由は、16歳の放浪でバックパッカーをしていたとき、
必ず立ち寄っていたのが地元の人のみが知るスラムだった。


「私はスラム街に呼ばれて行った」のかもしれない。

平成生まれの写真家として、表現したい生活レベルのリアル


 まず、私にとっての報道写真家とは、日々のニュースを追って自
スクープを狙ういわゆるニュースカメラマンという意味ではなく、
「意図的に被写体をコントロールして、シーンを作り込まない。正
リアリティーの中で出来ごとや被写体の気持ちを表現、形として残
と勝手に思っている。


これらはドキュメンタリーとも言うことができ、
「子供の誕生、学校生活、日常の家族とのふれあい」などの被写体
ありのままに写真に収めることを心がけている私は、ドキュメンタ
(または写真家)、報道“系”写真家ということがある。


こうした写真活動のきっかけは、「普通の日常がとても大切な時間

海外放浪時代に出会ったスラム街という場所の存在が大きい。


現地の人々との出会いは、日常の幸せや生きていることの素晴らし
それらを形で残すことの重要さも教えてくれた。


そんなスラム街のことは日本で情報を得ようとすれば、インターネ
が中心だ。
それらの多くは「データ(数字)、統計、歴史」などで表されるこ
私が知りたい「どんな服を着て、着心地はどうなのか。何を食べ、
住んでいる場所はどんな造りで、寝心地や生活のしやすさはどうな
流行や、恋愛はどうしていのか。」など気になることを得るのは、


そしてこれらを知りたいという想いを抱えてカメラマンとして撮影
現地の人々との共通点や共感が生まれ、スラム街の住人ひとりひと
「同じ人間」と自然に意識付けしていくことがわかった。


だからこそ私は、教授や解説者が使う「データ、統計」から現地を
個々の生活レベルに焦点をあてて取材を行い、その結果とし現地の
考えるきっかけになってほしいと思っている。


私達も含めた世界中の人々が幸せに過ごせる日々を願って、
私は現地の「リアル」を伝え、そして身近な人々の日常も大切な歴
形に残せるように撮影を続けたい。


                              
Powered by Flips